冬茜館

日々の写真を記録しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

台風一過

被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます m(。_。;))m ペコペコ…



昨夜は、降り続く雨の音と風でなかなか寝つけなかった。
厭に長く激しく降り続いているなと思いながら、いつの間にか眠りについていた。
突然、階下から私の名を呼ぶ夫の声で、飛び起きた。
夫は夜中に何かあるといけないからと、姑の隣の部屋で寝ている。

姑がベッドの下で棒のように横たわっていた。
顔色がない、呼んでも起きようとしない。
息はしているようだ。
時折、吐き気があるような仕草をしている。

救急車を呼ぼうかと言いながら、夫はうろうろしている。
私は、事の状況が理解できず、迷わず、そぅやなぁと頷いた。

娘も何事かと後ろで見ている。
すぐさま、スマホで救急を呼んで、どれくらいかかりますかと聞いていた。

思ったより早く、大きなカバンを持ち、息はありますか?と足早に体格の良い人が、家の中にどかどかと入ってきた。
持病はありますか?と聞かれ、ひょっとしたら・・・、ただの失神かもと思った。
姑は、若い頃からトイレでバタンと倒れ、皆を驚かせていた。
血圧が急激に下がり、顔色がなくなり、意識がなくなる。
そして、嘔吐が始まる時がある。
同じことの繰り返しなのに、いつも慌て、振り回されている。
無下にもできない。

勢いよく降る雨に打たれ、担架に乗せられた姑は意識を戻した。
雨に濡れると大声を上げた。

こんな日に駆けつけてもらって、救急を呼ばなくてもよかったかもと少し後悔した。
夫が付き添いで救急車に乗り、サイレンも鳴らさず出発してから、娘は電話の向こうで、この雨で土嚢が壊れたと話していたのが聞こえたと言った。
重病でもないばあさんを運ぶより、もっと大変な人がいたのではないかと心配になってきた。

また、すぐに帰ってくるだろうと思った途端に深い眠りに入った。

けたたましくスマホが鳴った。
え~、何?

見ると、05:08
5時5分、京都府全域に大雨特別警報が発表されました。
これまでに経験したことのないような雨になるところがあります。
最大級の警戒をしてください。(京都府)

あ~、この間からテレビ放映されている気象庁からの新しい言い方だなぁ。

また、けたたましい音でスマホが唸った。
も~、気持ちよく寝ているのに・・・。

見ると、05:23
こちらは、京都市災害対策本部です。
5時5分京都市に特別警報(大雨)が発令されました。
これまでに経験したことのない大雨になる可能性があります。
浸水が想定される区域では、2階以上に避難するなど、身の安全を守る行動をとってください。
引き続き、京都市からの情報に注意してください。(京都市)

ご丁寧に2度もメールをいただきましてと思い、また寝た。

目が覚めると、まだ結構、降っている。
風もある。
こんな日に、仕事へ行かなければならないのかと思うと憂鬱になったが、出かけるころには小雨に変わっていた。

昼食に家へ戻ると、姑が帰ってきた。

テレビを観ると渡月橋の様子が映り、ビックリした。
本当に、「これまでに経験したことのない」映像だった。
川が氾濫している。
見慣れた土産物店が浸水していた。
遠い親戚の店もある。

実家が近くなので母に電話をかけた。
60年ほど前にも水がついたことがあったらしい。

夕食が終わってから、渡月橋まで見に行ってみた。
川は暗くてよく見えないが、濁流は少し引き、冠水していた道路には砂煙が上がり、あちらこちらには流れてきたゴミがたくさんあった。
元通りになるのに、少し暇が要りそうだ。
(2013.9.16記)
スポンサーサイト
  1. 2013/09/17(火) 11:00:40|
  2. 未分類

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

プロフィール

冬茜

Author:冬茜
写真を撮るのが楽しい!

FC2カウンター

ブログ内検索

By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。