冬茜館

日々の写真を記録しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薔薇

薔薇1


薔薇2


薔薇3

笑ってはいけない話
           
10月のある日、夕飯が終わった後、98歳になった姑がティッシュを裂き、紙縒りを作っている。
どうするのだろうと、そっと見ていると、その紙縒りを耳の穴に突っ込んでいる。

「耳、痛いの?痒いの?」
 と聞いても要領得ない。

夫にそのことを言うと、
「耳垂れが出ている。病院へ行かなあかんな」

亡き父は慢性の中耳炎で、歳が行くと耳垂れも出んわと言っていたのに、姑はそんなに元気なのかと感心した。
 
翌日、夫の運転で耳鼻科を受診した。車椅子に乗った姑は、どこか行楽へでも行くような感じに見え、涼しそうな顔をしている。診察室には夫が入り、私は外で待っていた。

「かなん、かなん、かなん・・・」
と姑が連発しているのが聞こえてきた。

「かなんなぁ~、かなんなぁ~・・」
と、ため息交じりに、声が少し小さくなってきた。

「ぎゃー!」
と、夫の名を呼び、叫び出すと、
「もうこの辺にしときましょか」
という先生の話し声で、診察は終わったのだと分かった。

そんなに苦痛なのだろうか?
まるで幼子が泣き叫ぶのと同じで、いけないと思いつつ、大笑いしてしまった。
診察室から出てきた姑はケロッとしている。
後ろに続く、先程までブスッとしていた看護師さんまでが、大爆笑の顔になっていたのが、また可笑しかった。
 
姑の左耳は慢性の中耳炎で治る見込みもなく、右耳の大きな耳垢が取れず、しばらく通院することになった。
次回から、私が付き添うことにした。
数回目の診察時は、うんともすんとも声が出ず、拍子抜けした。
待ち時間が長く、眠たかったのかもしれない。
先生には、
「今日は大人しいね」
と言われた。
もう少し時間が掛かる耳垢のカビも割に早く取れ、病院通いから解放された。
たまには耳垢も掃除しないと大変なことになると反省させられた。

今日は、インフルエンザワクチンの接種がある。
診療所のディサービスの連絡帳を見ると、矢張り、『痛いし、注射はやめて~』と、大声を張り上げていたらしい。


スポンサーサイト
  1. 2011/11/10(木) 23:00:19|

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

プロフィール

冬茜

Author:冬茜
写真を撮るのが楽しい!

FC2カウンター

ブログ内検索

By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。